新車を値引きするための方法を紹介!

新車を最大限値引きしてお得に購入する方法を伝授します!

新車を値引きしやすい時期は?

みなさん初めまして!このサイトでは、元カーディーラー営業マンの私が正しい新車の買い方、値引き方法についてご紹介いたします。
何も知らずに新車を購入すると大損します。大損せずに得して安く新車を購入する方法を徹底的に解説するので、是非実践してみて下さい。

 

まず、新車を購入するのに適した時期についてですが、新車を値引きしてお得に購入するためには、下記の時期が適しています。

 

2月、3月の決算売り出しセール
6月、7月のボーナスセール
9月の中間決算セール
12月の年末商戦

 

@とBは、会社の業績をアップさせて株主に良い決算報告が出来るようにとディーラーが頑張ってくれる時期です。通常よりも大幅な値引きを提示してでも新車を売りたいという思いです。AとCは、夏と冬のボーナス時期にあたり、購入者がお金に余裕のあるうちに通常よりも大幅な値引きをして新車を買ってもらおうという考えです。
そして@〜C以外の時期でも共通して値引きに期待が持てるのは、各月の営業マンのノルマ達成が懸かるギリギリの段階で購入することです。
大体23日〜24日を目処に購入を決めるのが良いでしょう。
私自身もそうでしたが営業マンの多くは、ノルマ達成がシビアでして、月末に追い込みをかけることが多いのです。
是非これらの時期を狙って新車を値引きしましょう。


ハリアーを例に挙げて新車値引きの裏技をご紹介します。

先日友人が新車で購入したハリアーを例に挙げて新車値引きの裏技をご紹介します。
トヨタの高級クロスオーバーSUVであるハリアーは、279〜399万円という価格に対して値引き相場は、約15万円という、なかなか値引きが厳しい車種です。
しかし、今からご紹介する方法を友人が試した結果、58万円値引きできたのです。

 

その方法とは、ハリアーに乗り換える際に下取り車を最高額で売って、そのお金をハリアー購入費用に充てるという方法です。
下取り車を最高額で売るには、一括無料査定サイトを利用して、複数の大手車買取業者へ一括査定依頼をします。そして、査定金額を見比べて、より高いところに下取り車を売るという手順になります。

 

私の友人の場合、ディーラーでは、廃車費用に3万円掛かると言われた車が、車買取業者には、約40万円で売却できたのです。
つまり廃車費用として必要だった3万円+買取価格40万円+15万円の合計で58万円もお得にハリアーを購入出来たというわけです。

 

幾つかある一括無料査定サイトを私が「申込みが早くて簡単」と感じた順にランキングしました。
無料なので、新車購入に役立てるという目的のほか、今乗っている愛車の買取価格を知りたいというだけの目的で利用することも可能です。
是非利用してみてください

1位 かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ

★無料★
とにかく簡単です!
わずか32秒の簡単入力で愛車の買取価格がわかる!

あなたの愛車を一番高く買い取る業者を見つけてくれます!
ディーラーの下取り価格と比較して30万円以上得したユーザーさんが続出してます!

愛車を売るなら、車買取・中古車査定のかんたん車査定ガイドで!

2位 スバット車買取比較

スバット車買取比較公式サイトはコチラ

★無料★
常に安定した人気を誇る一括査定の定番サイト!
150社もの車買取業者が参加しており、サイト利用者は、なんと60万人超え!

こちらも簡単な入力だけで最大10社の一括査定ができるから額を比べて一番高い買取額を出す買取業者を選ぶことが出来ます!

車のことがよくわからない初心者の方や女性にもオススメの一括査定サイトです!

3位 カーセンサー.Net簡単ネット車査定

カーセンサー.Net簡単ネット車査定公式サイトはコチラ

★無料★
とにかく多くの査定を比較したい方へオススメ!
最大30社から見積もりがもらえるのはカーセンサーだけです!

査定会社の加盟数、見積もり数が多いから地方の方でも安心して高額査定が可能です!

一括査定は、査定会社が多ければ多いほど高額査定を引き寄せるので、少しくらい時間が掛かっても愛車を出来る限り高く売りたい!という方ならカーセンサーがオススメです!


新車値引きの平均について

出来る限り値引きして安く新車を手に入れたいと思う方の多くは、新車は平均でどのぐらい値引き出来るのか?と気になりますよね。
しかし、新車の値引き額は、メーカーごと車種によって異なります。

 

値引き額の大小は、車種の「発売年月」「人気」「モデルチェンジ」などが影響してきます。
発売したばかりの車種ですと、当然値引き額も小さく、営業マンもなかなか値引きには応じてくれません。
また、人気のある車種もディーラー側は「値引きしなくても売れる」という考えから営業マンが強気な姿勢を崩さないため、値引きし難いのです。
逆に人気のない車種は、「値引きしてでも売りたい」という考えがあるので、値引き額も大きくなります。
モデルチェンジする車種は、新型を売り出さないといけないので、旧型を一斉処分したいがために大幅な値引きが期待できます。メーカー自体が在庫を抱えたくないので、大安売りで新車を販売するケースが目立ちます。

 

結局、新車の値引き平均は、簡単に分からないのか?

 

いいえ、新車の値引き相場を簡単に知る方法があります。
ネットで新車見積りを出すことの出来る「オートックワン」なら車種に応じて、新車体価格から値引き相場まで簡単に見積りを出せます。

 

 

無料サイトですし、メールで見積り結果が届くので、とても便利です。
こちらも是非利用してみましょう。

 

そして、忘れてはいけないのが、乗り換える際に手放す愛車を最高額で売って、そのお金を新車購入費用に充てることです。
愛車を最高額で売るには、一括無料査定サイトを利用して、複数の大手車買取業者へ一括査定依頼をします。査定金額を見比べて、より高いところに愛車を売りましょう。

 

⇒最短32秒の入力から1秒で愛車の最高価格を調べる


交渉が苦手という場合

新車を値引きするという場合は少なからず交渉力が必要になってきます。ですが中にはそういった交渉をするのが苦手、むしろ値引きをして欲しいとこちらから言えないという人もいると思います。そういった人のための方法をご紹介したいと思います。確実な方法ではないものの効果はありますので取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

その方法とは「ディーラーに値引きをさせたい」と思わせることです。そんなふうに思わせるのは大変じゃない?と思われるかもしれませんが営業マンも人間ですから人情や熱意などでそう思わせることは可能です。

 

そのためにはまず営業マンと仲良くなることです。もしもあなたが営業マンだった場合横柄な態度の客と仲が良い感じのいい客であれば後者に対して値引きしてでも買って欲しいと思うことでしょう。ですから営業マンと時間をかけてでも仲良くなることが大切です。

 

また心理学などでは自分の話を聞いてくれる人は自分のことを理解してくれる人と思うというものがあります。ですのでまずは自分の希望はいわないで自分の欲しい車の説明を聞いたりして営業マンにいろいろ訪ねて喋ってもらいましょう。

 

その車が欲しいという熱意などを伝えたりするもの非常に良いです。冷やかしなどではなく本気で購入したいんだと営業マンに思って貰えれば向こうから値引きの話もしてくれます。ただ中にはそういったことを言ってこない営業マンもいます。そういう場合は別のディーラーにいくことをお勧めします。

 

時間の掛かる方法だと思いますがその分交渉が苦手な人にとっては効果的な方法と言えるのではないでしょうか?是非実践してみてほしいと思います。